排水管の水漏れ箇所を突き止める方法

排水管の水漏れをしているのがすぐに分かる場合もあれば、気付いたときには水浸しになっている場合もあります。慌てずに対応するためにはまずは排水管の水漏れ箇所を突き止めることが先です。そして簡単な応急処理をして、水道 修理業者に依頼します。

■3つの方法について

排水管の水漏れ箇所を突き止める方法は大きく分けると3つあります。ひとつは水道メーターを確認する方法です。自宅の蛇口を全て閉めて水道メーターを確認すれば、排水管の水漏れがあるかどうかを知ることができるでしょう。パイロットが回転しているかをチェックするのもひとつの方法です。自宅の蛇口を全て閉めているのにも関わらず、パイロットが動いていれば注意が必要です。ただ、被害が小さい場合はパイロットが動かない場合もあります。
止水栓を締めるのも一つの方法であり、自宅の水道が全て止まります。止水栓を止めないとどんどん水道料金が上がってしまうため、迅速な対応が必要です。止水栓を止めるのが応急処置にもなります。

■排水管を使用しない

排水管の水漏れ箇所を突き止めることができた後には、排水管を使用しないことを意識すべきです。大丈夫と思って排水管を使用してしまうと、水漏れが悪化することもあります。また、悪臭が出ることもあるため、状況を悪化させないことを優先させましょう。タオルで水を止めるのも一つの方法であり、その下に水を受ける容器やバケツを置いて対応しましょう。
まだ被害は小さくても、これからどんどん悪化してしまうこともあります。自分で修理して状況が悪化することもあるため、必要以上の処置はしないことを心がけておくと良いです。

■まとめ
排水管の水漏れ箇所を突き止める方法はそう難しくはありません。目視ですぐに分かる場合もあれば、分かりにくい場合もあるため、まずはどの箇所であるのかを掴むことが大切です。そして、箇所が判明した後は排水管を使用しないのが重要で、被害拡大を防ぐ方法となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ