排水管の水漏れの応急処置

排水管の水漏れは、どんなタイミングや場所で起こるのか予想ができません。そのため、見つけたときには自分で対応できるか業者を依頼すべきかを考えないといけません。どちらの場合にしても応急処置をしたうえでの判断が必要であり、どんなアイテムが有効活用できるのかを知っておく必要があります。

■水漏れ専用テープとは

排管からの漏れを改修できる道具であり、さまざまな種類があるのが特徴です。自己粘着テープの場合はテープを引っ張れば素材が自己癒着していきます。そのうえから保護用のテープやシールを張ると耐久性が増します。防水補修テープは防水仕様となっているテープであり、細かい部分にも対応可能です。また、べたつきがなく、除去したあともきれいな状態を維持できます。シートタイプも存在しており、補修したい部分に張り付けるだけで簡単に扱うことができます。
排水管の水が滴っている部分をきれいにし、必要な長さにテープをカットしていきます。ゆっくりとでもしっかりと排水パイプ内に巻き付けて強く圧着していき、必要ならうえから保護テープを貼るのが使い方の基本となります。

■根本的な解決にはならない

テープを使って排水管の水漏れを止めれば一時的に問題の解決になるのは間違いありません。ただ、根本的な解決にはならないのを覚えておかないといけません。テープが緩んだり外れたりすれば、すぐに元通りになってしまいます。
その後に修理するまでのつなぎの方法と考えるのがよいでしょう。排水管の交換が必要な場合は素人には困難な作業となるため、水道 修理業者に依頼するのが望ましいといえます。

■まとめ
問題が起きた時、応急処置をするのは基本中の基本です。テープを使用すれば、そう難しくはありません。ただ、根本的な解決にはならないという点を覚えておかないといけません。自分で対応できるか業者に対応してもらうかの判断をすべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ